エレクトロニクス

ノートPCや液晶大型テレビ、スマートフォンなど、日々進化するデジタル機器に欠かせないエレクトロニクス関連製品は、HOYAの先端技術により生み出されています。豊かな社会の実現に向け、あくなき技術革新を続けています。

半導体製造用マスクブランクス・フォトマスク

半導体チップの製造工程において必要不可欠なマスクブランクスとフォトマスクは、半導体の微細で複雑な回路パターンを半導体ウエハに転写する際の原版となるものです。世界シェアNo.1のHOYAのマスクブランクスは、国内外の半導体メーカーやマスクメーカーに提供されています。

高集積化を背景に微細化が進んでいる半導体。その製造工程の露光装置の光源も、現在のArFレーザーから、次のEUV(extreme ultraviolet)露光へと開発が進んでいます。これにより半導体の集積度は一層高まり、電子機器はより速く、より高性能になることが期待されています。HOYAはEUV用マスクブランクスおよびフォトマスクの開発を進め、半導体の進化を支えていきます。


液晶パネル製造用フォトマスク

液晶テレビやノートPC、スマートフォンの液晶ディスプレイパネルを作るときに使う回路の原版となるのが液晶パネル用フォトマスクです。HOYAは、半導体用フォトマスクの技術を応用し、1985年に液晶用フォトマスクの開発をスタートしました。
近年は、3Dや4K、8K、さらにはタッチパネル、スマートフォンなどの発展により、フォトマスクの品質も年々高まっています。HOYAは、半導体用フォトマスクの開発で培った技術と経験を活かし、高品質、高付加価値な製品をパネルメーカーへ提供していきます。


HDD用ガラスディスク

ノートPCやカーナビゲーション、ゲーム機などのモバイル機器に内蔵されるHDD(ハードディスクドライブ)の記録媒体には、振動や衝撃でデータが破損しないようにガラス製のメモリーディスクが使われています。HOYAが開発したガラス製メモリーディスクは、据え置き型の製品に使用されることの多いアルミ製ディスクに比べて耐衝撃性に優れています。

GB(ギガバイト)からTB(テラバイト)へとHDDの大容量化は急速に進んでいます。現在はガラスディスク1プラッタ当たり500GB製品の量産化が進展しています。HDDの容量が増大するにはガラスディスクの高品質化が欠かせません。HOYAは技術力を活かした高品質な製品を安定生産することで、高シェアを維持しています。