社会貢献活動

キッザニアへのパビリオン出展(HOYAレンズマレーシア)

キッザニアへのパビリオン出展(HOYAレンズマレーシア)

2015年2月13日

キッザニア クアラルンプールの「アイケアセンター」

キッザニア クアラルンプールの「アイケアセンター」


視力検査を受ける子どもたち

視力検査を受ける子どもたち


訪問者に説明をするZupervisor

訪問者に説明をするZupervisor

HOYAレンズマレーシアは「子どもが主役の街」キッザニア クアラルンプールのオフィシャルスポンサーとして、「アイケアセンター」パビリオンを出展しています。

HOYAの「アイケアセンター」は、こどもたちに『目のケア、適正な視力について考え学ぶこと』を伝える体験型パビリオンです。HOYAでトレーニングを受けたZupervisorと呼ばれるスタッフが、LCDチャートや測定器を使ってこどもたちの視力を測定します。またセンター内には、分解して構造を学べる眼球の模型なども展示、目の構造や視力の大切さについて幅広く学習することができます。

KidZaniaの運転免許証を取得するためには視力検査が必須となっており、子どもたちはこのセンターを訪れることで運転をするために適正な視力や目についての一般的な情報を得ることができます。

また、社内の検眼医を講師に、子どもとその保護者に検眼医の役割やアイケアの重要性を伝えるHOYAコーチングクリニックや、安全性の高い子ども向けレンズの発表イベントを行うなど、親子で参加できるイベントも随時開催しています。

HOYAレンズマレーシアはアイケアのリーディングカンパニーとして、これからも子どもたちにアイケアを楽しく学ぶ場を提供しながら、目や視力に対する意識を高めるという社会的役割を果たしていきます。

社会貢献活動のトップへ戻る ↑

HOYAレポート2018
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑