社会貢献活動

PENTAX Medical、東京都立多摩科学技術高等学校で英語の授業

PENTAX Medical、東京都立多摩科学技術高等学校で英語の授業

2016年6月27日

英会話レッスン (2015年12月)

英会話レッスン (2015年12月)

世界の130か国以上の国々のために医療用軟性内視鏡システムを開発し、製造し、販売するPENTAX Medicalは、理科系の高校生らに英語を学んでもらい、彼らの可能性をさらに広げたいと考えています。
2015年12月から2016年3月にかけて、PENTAX Medicalは東京都立多摩科学技術高等学校の生徒たちのために英語の授業を実施し、実用英会話スキルに関する指導を行いました。
2015年12月には、1年生の生徒を対象に、部門横断チームが講師となり、英会話のレッスンを実施。講師役の社員から、日常業務についての説明や、留学や海外駐在の経験談などを英語で語り、また、生徒たちには各々の思いを発言するように促しました。世界中の顧客や同僚との関わり合いや、国境を越えた研究や友情などにまつわる話を聞き、将来エンジニアや科学者になることを夢見る生徒たちも感じ取るものがあったようです。また生徒たちは、多くの人と密に意見を交換したり、自分の考えを伝えたりするためには英語が必要不可欠であることを実感したようです。


英語でブレインストーミング (2016年3月)

英語でブレインストーミング (2016年3月)

今年3月には、2年生の生徒を対象に、将来の内視鏡をテーマとしたブレインストーミングを英語で行いました。2名のエンジニアを含むメンバーが参加し、ブレインストーミングの進め方をわかり易く教えました。生徒たちからは、将来の内視鏡について、斬新なアイデアを聞くことができました。多くの生徒たちから、将来世界の人々と自分の意見を交換することができるよう、もっと英語を学びたいと思うようになった、など、とても前向きな感想を得ることができました。
PENTAX Medicalはこれからも、将来を担う生徒の可能性を広げる支援を行ってまいります。

社会貢献活動のトップへ戻る ↑

HOYAレポート2017
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑