文字サイズ

HOYAの考え

HOYAは創業以来、時代の潮流・ニーズを先取りした革新的かつ高品質な製品とサービスを提供することで、企業として成長するとともに、豊かな社会づくりに貢献してきました。その基本は「経営理念」および「経営基本原則」、そしてその精神、価値観を基本的指針に定めた「HOYA行動基準」にあります。社員一人ひとりが責任感を持って、日々「経営理念」を実践することが、事業および社会の持続可能な発展・成長につながると考えています

経営理念
私たちは情報・通信と生活・文化の領域で 事業の創造と革新をすすめ人・社会・自然の調和と真に豊かな社会をつくるために貢献します
経営基本原則

経営理念に基づき 意思決定や行動に際して 守らなければならない原則を定める。
会社はこの原則に従った実践を通じて社会 経済 文化の発展と向上に寄与し 社会からの信頼を得られることを期待する。

社会への貢献

会社は良き企業市民として社会貢献活動を行う。
環境保護を企業活動の必須の要件として認識し積極的に行動する。
誠実に法を守ることはもとより社会規範を遵守する。


社会貢献活動のページへ

環境保全活動のページへ

顧客への貢献

会社は顧客が真に価値あるものと認める製品やサービスを創造する。
安全性に配慮した質の高い製品とサービスを提供する。
経営品質を高め顧客満足度の向上をはかる。

社会への貢献とともに顧客への貢献として、HOYA行動基準では以下の通り明記しています。

有用で安全な製品やサービスを提供する責務

HOYAグループは、お客様や社会に対して価値のある製品やサービスを提供していきます。そしてその価値の中には安全性に対するお客様からの信頼も含まれます。私たち一人ひとりが製品に対するプライドを持ち、お客様や社会に対する安全性を確保するのが責務であると認識することが重要です。

株主への貢献

会社は業績の向上と成長を持続し会社価値の増大に努める。
適正な配当その他株主の期待に応えた利益還元の実行に努める。
企業情報を積極的にかつ公正に開示する。


投資家情報のページへ

個人の尊重

会社は社員一人一人の人格・個性を尊重する。
個人の自主性と創造性を最大限に発揮できる機会の拡大と安全で働きやすい環境を確保する。
社員のゆとりと豊かさを実現するよう最大限努力する。

HOYA行動基準では以下の通り明記しています。

人権の尊重

HOYAグループでは、お互いに他を個人として尊重し、その尊厳と価値を認めます。

安全衛生・健康推進のページへ

マネジメントの革新

会社はイノベーションと創造的なテクノロジーにより新しい価値を創造する。
情報化社会に対応したグローバルネットワーク経営を行う。
グローバルな視点を持ち地域の文化や習慣を尊重した経営を行う。


コーポレートガバナンスのページへ

コンプライアンスのページへ

HOYAレポート2016
お客さまと社員が語る「強さの源泉」
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑