文字サイズ

ディスクロージャー・ポリシー

このページは、HOYAのホームページをご覧の方に当社のディスクロージャー・ポリシー(情報開示に関する基本方針)をご理解いただくためのものです。

1.情報開示に関する基本方針

HOYAグループでは、株主・投資家、お客様、取引先様など全てのステークホルダーの皆様に、当社についてより良くご理解いただき当社を適正にご評価いただくため、適時適切な情報開示に努めています。また上場企業として、特に株主・投資家の皆様が投資判断を行なう上で重要となりうる情報を、迅速、正確かつ公平に提供することにより、証券市場での公正な株価形成を促進し、資本市場の健全な発展に貢献することを重要と考えています。
情報開示にあたっては、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」)」、および金融商品取引法などその他の関連法令・法規に従って適時・適切に情報開示を行います。また、当社は世界各地でビジネスを展開するグローバル企業として、米国証券取引委員会(SEC)で採択された「公平開示規則(Regulation Fair Disclosure)」の精神を尊重し、選別開示を禁止し、公平な情報開示を行います。また、こういった規則に留まらず、当社への理解を深めていただくために、求められる情報を分かりやすくお伝えしていくなど、積極的な開示に努めます。

2.情報開示の方法

当社では各四半期決算開示をおこなっています。決算短信や適時開示規則による情報開示は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)を通して、同取引所ホームページの適時開示情報閲覧サービスにて開示されます。東証へ開示された情報は、その後速やかに当社ホームページにも掲載するようにしています。東京証券取引所の適時開示規則によらない、その他の情報開示については、主に当社ホームページを使っておこないます。

インサイダー取引規制について:

TDnetへの公開はインサイダー取引規制上の公表措置の1つの方法とされており、適時開示規則に準拠した会社情報が東証のホームページ(適時開示情報閲覧サービス)に掲載された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなります。当社では、適時開示規則に準拠した情報や、投資判断に大きく影響を与えうると判断された情報に関しては、適時にTDnetにて開示を行うとともに、その後速やかに当社ホームページにて当該情報を開示します。

3.沈黙期間について

当社グループでは、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、各四半期決算発表日の1ヶ月前から決算発表が完了するまでを『沈黙期間』としており、この期間は、決算に関するコメントや質問への回答、取材への対応等は控えさせていただいております。また、内容にかかわらず、アナリスト・投資家とのミーティング等も控えています。ただし、この期間中に判明した決算内容が、すでに公表した業績予想から大きく乖離し、適時開示規則に該当する変動幅となることが明らかになった場合等には、開示規則に従い、適宜公表します。

4.業績の見通しに関する情報について

当社では、将来の業績に関連する見通しなど将来に関する情報開示やコメントを行なう場合があります。歴史的事実でないそれらの情報は当該情報の発表時点において、入手可能な情報に基づいて得られた当社経営陣の判断によるものであり、当社がその妥当性、正確性を保証するものではありません。実際の業績は、さまざまな要素により、それらの見通しとは大きく異なる結果となりうることがありますことをご承知おきください。将来に関する事項に影響を与える重要な要素とは、為替レートや金利の変動、国際情勢、需要や景気の動向のほか、競合環境の変化、生産能力や研究開発の動向などが含まれます。詳しくは事業等のリスクをご覧ください。

5.IR活動への取り組み

HOYAグループでは、投資家への説明責任を果たすだけでなく、当社について正しくご理解いただくため、取引所への開示のほか、各種説明会、電話会議、ホームページ、印刷物などを通して、適時・適切な情報発信を行っています。決算発表については、各四半期末から発表までの期間を短縮し迅速な業績報告に努めています。また、各四半期の決算発表と同日に開催している決算説明会では、経営者自らが投資家・アナリストに業績の説明と質疑応答への対応を行なっております。他方、個人の投資家の皆様には、当社をより深くご理解いただくための会社説明会や、株主の皆様の便宜を考え集中日を避けた株主総会の開催など、投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆様との双方向コミュニケーションを大切にしたIR活動を推進しています。こうした様々なコミュニケーションの場を活用しながら、積極的なIR活動を推進し、市場関係者(投資家やアナリスト)のみならずステークホルダーの皆様との信頼関係の構築に努めていくことが大切であると考えています。

決算発表…年4回
決算説明会…年4回(証券アナリスト・機関投資家を対象として、決算発表当日に開催)
機関投資家個別対応…随時(沈黙期間を除く)

当ウェブサイトのご利用方法等については、サイトのご利用にあたってをご覧ください。

HOYAレポート2016
お客さまと社員が語る「強さの源泉」
HOYA OUR VISION
創立70周年 HOYAグループの歩み
ページトップへ ↑