文字サイズ

よくあるご質問

目次

1.会社に関するご質問

Q.正式名称はHOYAですか、ホーヤですか。

A.正式社名は、アルファベットでHOYA株式会社です。定款で定めています。かつては英文の社名が登記できませんでしたので、通称としてHOYA株式会社、登記上はホーヤ株式会社と表記しましたが、平成14年11月から英文の社名が登記できるようになり、名実ともにHOYA株式会社となりました。

Q.会社の創立はいつですか。

A.創立(操業開始)は昭和16(1941)年11月1日です。東京府保谷町(現在の東京都西東京市)で、東洋光学硝子製造所として操業を開始しました。会社の「設立(会社組織になった日)」は昭和19(1944)年8月23日です。その後、昭和35(1960)年に株式会社保谷硝子と社名を変更し、昭和59(1984)年に現在のHOYA株式会社へ社名を変更しました。

Q.上場はいつですか。

A.昭和36(1961)年に東京証券取引所市場第二部へ上場、昭和48(1973)年に東京証券取引所市場第一部へ指定されました。

Q.証券コードと業種を教えてください。

A.証券コードは7741です。業種は精密機器となります。本日の株価はこちらをご覧下さい。

Q.決算期を教えてください。

A.決算期は毎年3月末です。中間決算期末は9月末です。
業績の発表については、連結業績を3ヶ月毎に年4回発表しており、単独業績については中間期と期末の年2回の発表となります。

2.株式に関するご質問

Q.売買単位を教えてください。

A.100株です。

Q.住所変更や名義書換等の株式事務を行う方法を教えてください。

A.住所変更、単元未満株式買取・買増請求、名義書換請求等の諸手続きに関しましては、お取引のある証券会社にお申し出ください。
ただし、払渡し期間経過後の配当金お支払に関しましては、下記の当社株主名簿管理人にお申し出ください。また、上場会社の株券電子化が実施された平成21年1月5日以前に、株式を証券保管振替機構(ほふり)にご預託されていなかった株主様につきましては、下記の当社特別口座管理機関にお申し出ください。

当社の株主名簿管理人および特別口座管理機関の連絡先等は下記のとおりです。
三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
東京都杉並区和泉二丁目8番4号
0120-782-031(フリーダイヤル)

Q.HOYAから送られてきた書類を紛失してしまったのですが、どうすればよいのですか。

A.株主様への書類の発送等の株式実務は、当社の株主名簿管理人であります三井住友信託銀行株式会社に委託しておりますので、下記までご連絡いただければと存じます。場合によっては、再発行が可能な場合がございます。

【お問い合わせ先】

三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

東京都杉並区和泉二丁目8番4号

電話:0120-782-031(フリーダイヤル)

Q.株主優待制度はありますか。

A.株主優待制度は採用してございません。当社は、株主様に対する利益還元策としては、公平性を重視し配当金という形で還元させていただいております。ご理解いただければ幸甚です。

Q.HOYAの株式担当者に電話で問い合わせをしたが、聞きたいことを教えてくれない。不親切だ。

A.毎日、株式に関する多数のお問い合わせをいただいております。当方も限られた人数で対応していますので、ご不便をおかけしている点もあろうかと存じます。さて、本件についてですが、一般の方から次のようなご質問があると、当方は大変困ってしまいます:
(1) 売ったほうがいいか、または買ったほうがいいか。株価はこれから上がるか、下がるか。
(2) あんた(私ども担当者)から見て、今の株価は高いか、安いか。
(3) 次の配当はいくらか。
(4) 「○○をするとは(例:株式分割、合併等)聞いてなかった。聞いていればもっと買ったのに。」
などです。株式担当者は、個人の投資に関する助言や、将来に関する予測、株価に関する意見等は申し上げられません。また、通常は株式実務の詳細を外部の信託銀行に委託していることから、株式に関するお手続きについては信託銀行をご紹介するのが通例です。また上記(4)のようなケースについて、未公開の情報を事前に外部に出すことは禁止されており、当社は法定により開示・公告等を実施しております。ご理解いただけますと幸甚です。

Q.ペンタックスの株主だったのですが、平成20年3月31日付でHOYA株式会社とペンタックス株式会社は合併し、ペンタックス株式会社は解散となりました。現在もペンタックス株券を所有しているのですが、どうしたらいいのでしょうか。

A.平成20年3月31日(月曜日)の合併の効力発生をもって、ペンタックス株券は会社法上は無効(流通いたしません)となりました。
しかしながら、平成20年3月30日(日曜日)(ただし、当日は株主名簿管理人の休業日につき、実質上は平成20年3月28日(金曜日))最終のペンタックスの株主名簿および実質株主名簿に記載または記録された株主様に対し、ご所有のペンタックス普通株式1株につき770円の割合で、当社より金銭を交付申し上げますので、お手数ながらご所有のペンタックス株券全部を、当社株主名簿管理人である三井住友信託銀行株式会社へご提出の上、対価受取りの手続をお取り下さい。連絡先は下記記載のとおりです。

【お問い合わせ先】

三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

東京都杉並区和泉二丁目8番4号

電話:0120-782-031(フリーダイヤル)

Q.合併交付金に税金は課されるのですか?

A.合併交付金は、税金を源泉徴収して支払われますが、それ以上の税務上の具体的な質問等は、個別に最寄りの税務署などにご相談くださいますようお願いします。

Q.家族が株主の場合、代理人として株主総会に出席することができますか。

A.定款の定めにより、代理人をご選任頂く場合は、株主様に限定させて頂いております。よって、ご家族であっても株主様以外はご出席頂くことはできません。

Q.株主総会にお土産、経営陣との懇親会はありますか。

A.お土産については年ごとに決めております。経営陣との懇親会は現在実施しておりません。

3.配当に関するご質問

Q.年間配当金および中間配当金の権利確定日および最終売買日(権利付最終日)はいつですか?

A.年間配当金…権利確定日(基準日)は3月31日、最終売買日(権利付最終日)はその4営業日前
中間配当金…権利確定日(基準日)は9月30日、最終売買日(権利付最終日)はその4営業日前配当金を受け取るには権利確定日の株主名簿に載る必要があり、そのためには、上記の最終売買日(権利付最終日)までに名義書換をすませる必要がありますのでご注意下さい。
最終売買日は、権利確定日を含めて4営業日前です(土・日・祝は含まず)。

Q.配当金のお知らせがまだ届かないのだが?

A.当社では配当金のお支払を含めた株式事務を株主名簿管理人の三井住友信託銀行株式会社に委託しております。
お手数ですが、下記へお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

東京都杉並区和泉二丁目8番4号

電話:0120-782-031(フリーダイヤル)

Q.配当金受取期間が過ぎてしまった配当金を受け取るにはどうしたらよいですか?

A.株主名簿管理人の三井住友信託銀行へお申し出ください。全国の三井住友信託銀行株式会社の支店でも承ります。なお、配当金の支払開始日から満3年間を経過しますと、当社は定款の定めにより配当金の支払義務を免れ支払に応じかねますのでご注意下さい。
なお、こうした事態を防ぐために、できるだけ口座振込によるお受け取りをおすすめします。指定振込口座のお届けにつきましては、証券保管振替機構(ほふり)を利用されている場合はお取引の証券会社へ、利用されていない場合は当社の特別口座管理機関であります三井住友信託銀行株式会社までご連絡いただけますようお願い申し上げます。

Q.一般的に、配当金は株主総会後に送られてくるのに、HOYAは株主総会前に送られてくるので、誤って捨ててしまうことがある。他社のように、発送を遅くして欲しい。
A.当社は、定款の定めにより、配当金のお支払いにつきましては取締役会で決議ができるようになっております。
そのため、期末配当金は、6月の株主総会ではなく、5月末までに開催の取締役会におきまして、決算内容が法令定款に従い、会社の財産、損益の状況を正しく表示しているものとして承認された後に、速やかにお支払いをさせていただいております。
当社といたしましては、できるだけ早く、株主様に配当金をお支払いしようと努力している結果でございます。ご理解いただけましたら幸甚です。

Q.売上高や利益の予測を出すのに、配当金額の予測はなぜ出さないのですか。四季報等には配当の予測が書いてあるが、マスコミには教えるのですか。

A.配当金額の予測は出しておりません。配当金は期末の税引き利益を基準に決定されますが、設備投資やM&A資金等を併せて検討しなくてはなりませんので、決算が確定した後で決定いたします。四季報等に書いてあります配当予測を含めた業績の予測は、それぞれの出版会社様の独自の予測です。

4.業績に関するご質問

Q.業績についての資料はどのようなものがありますか?

A.「HOYAレポート(日本語版アニュアルレポート)」を発行しております。
その他に決算発表資料である「決算短信」、財務省へ提出する「有価証券報告書・四半期報告書」があります。

Q.決算発表はいつ行われますか?

A.四半期ごとに、発表日時が決定次第、「IRカレンダー」に掲載いたします。

Q.業績見込みはいつ発表になりますか?

A.基本的には、第1四半期決算発表時(7月あるいは8月)に中間期の見込みを、第3四半期の決算発表時(1月あるいは2月)に年間の見通しを発表しております。

Q.決算説明会へ参加したいのですが、どうすればよいのですか?

A.決算説明会は決算発表日の夕方に行われ、会場の都合からご出席は原則として証券アナリストおよび機関投資家の方々に限らせていただいております。
出来るだけ多くの会社の方々が出席できるよう1社1名のご参加をお願いしております。
また、説明会の日時・場所などの詳細については、発表の1ヶ月前を目安に「IRカレンダー」に掲載いたします。

Q.最近の業績の推移を知りたいのですが。

A.アニュアルレポートに過去の業績の推移を掲載しております。決算報告の参考資料として四半期毎に作成している業績推移グラフもあわせてご覧下さい。

5.経営に関するご質問

Q.企業価値を高める姿勢とはどのようなものですか。SVA経営とはどのような経営ですか。コーポレートガバナンスの確立についてはどのように取り組んでいますか。

A.株式会社は株主のものであり取締役は株主に代わって企業運営を任されています。
HOYAは企業価値を高め、株主・投資家のみなさまをはじめとする全てのステイクホルダー(関係者)に満足してもらう事を経営目標とし、次のような取り組みを行っています。

1.SVA経営…資本コストを考慮した独自の経営指標SVAを導入し企業価値が最も大きくなるように効率的な事業運営を行っております。
・SVA(株主付加価値=Shareholder's Value Added)…企業の保有する総資産を使ってどれだけ総資産コストを上回る利益を上げる事ができたかを示す。

2.社外取締役制度の導入…社外取締役に取締役会メンバーへ加わっていただくことにより経営透明性向上およびコーポレートガバナンス(企業統治)確立に力を入れるだけでなく経営戦略のレベルアップをはかります。

3.グローバル・グループ経営…グローバルな視野で効率的な企業運営を行います。「一番安く生産できるところで生産し、高く売ることが出来るところで売る」という考え方を基本とし最も競争力が高まるように経営資源を組み合わせ「最適地生産・最適地販売」を進めていきます。

株主様からのお問い合わせ先

株式に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
〒160-8347 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル 20F
HOYA株式会社  株式担当
電話番号:03-6911-4820
お問い合わせフォーム

HOYAレポート2016
お客さまと社員が語る「強さの源泉」
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑