文字サイズ

事業構成

収益性・安定性・成長性を支える「ポートフォリオ経営」

複数の異なる事業を同時に展開し、バランスをとりながらグループ全体の収益性・安定性・成長性を確保していくHOYAの「ポートフォリオ経営」。現在は、「情報・通信」と「ライフケア」という二つの大きな事業分野を柱に据えています。「情報・通信」の分野で圧倒的な競争力を発揮し、高いシェアで安定的に収益を確保する一方、「ライフケア」分野へ積極的に経営資源を投入することで成長を加速させています。

グループの事業別売上構成比 2016年3月期

エレクトロニクス

エレクトロニクス

半導体・液晶パネル・HDDに不可欠な部品・製造部材を扱っています。

  • ●半導体製造用マスクブランクス・フォトマスク
  • ●液晶パネル製造用大型フォトマスク
  • ●HDD用ガラスディスク

ヘルスケア

ヘルスケア

メガネレンズの製造・販売ならびにコンタクトレンズ専門小売店「アイシティ」の運営を行っています。

  • ●メガネレンズ
  • ●コンタクトレンズ専門小売店「アイシティ」

映 像

映像

光学レンズ、光学ガラス材料、レンズモジュール等を扱う分野です。

  • ●光学レンズ・光学ガラス材料
  • ●レンズモジュール
  • ●レーザー発振器/UV光源

メディカル

メディカル

医療用内視鏡や白内障用眼内レンズおよび骨補填材であるアパタイト製品などを主力製品とした分野です。

  • ●医療用内視鏡
  • ●白内障用眼内レンズ
  • ●人口骨/金属性インプラント
用 語 解 説
半導体製造用マスクブランクス・フォトマスク
半導体チップの製造工程において必要不可欠なマスクブランクスとフォトマスクは、半導体の微細で複雑な回路パターンを半導体ウエハに転写する際の原版となるものです。 露光工程における回路転写のイメージ 露光工程における回路転写のイメージ
液晶パネル製造用大型フォトマスク
液晶テレビやパソコン、スマートフォンの液晶ディスプレイパネルを作るときに使う回路の原版となるのが液晶パネル用フォトマスクです。 半導体製造用フォトマスクの開発製造で培った技術を活かし、高品質で高精細な製品をパネルメーカーへ提供しています。 液晶パネル製造用大型フォトマスク

目指すべき姿と3つの施策

目指すべき姿
事業ポートフォリオの強化による
持続的な収益拡大を目指します。
施策1

ライフケア事業の成長加速

世界的な高齢化、新興国の経済発展による中間所得者等の増加に伴い、医療インフラの整備が急務となり、人々のQOL(Quality of Life)向上へのニーズが拡大。HOYAのライフケア事業は、それらに貢献できる製品と技術を保有しています。今後、より競争力のある製品を提供し、事業の成長を図ります。

施策2

情報・通信事業で安定収益の確保

HOYAの情報・通信事業は、かつての成長事業から成熟事業へと変化しました。 既存分野でこれまで築き上げてきた技術的優位性をもとに高い収益性とシェアを維持しつつ、新しい技術と用途を開発・開拓していくことで、情報・通信事業全体での売上・収益を維持していきます。

施策3

新規事業の獲得

既存のライフケア事業への投資とともに、新規事業のM&Aによる事業ポートフォリオの充実を図っていきます。長期的な目線で新規事業を獲得することで、将来の成長の種となる事業をポートフォリオに組み込んでいきます。それによって持続的な成長を実現できる最適なポートフォリオの構築を目指します。

HOYAレポート2016
お客さまと社員が語る「強さの源泉」
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑