成長の軌跡

“収益性にこだわる会社”、それがHOYAです

HOYAは東証一部への上場以降、一度も赤字になったことがありません。
時代のニーズに合わせて最適な投資配分を行い、スピーディに事業内容を変化させていく「事業ポートフォリオ経営」と、強みを発揮できるニッチ市場を開拓・育成し、そこで高シェアを獲得することで利益を最大化していく「小さな池の大きな魚」戦略を行ってきた結果です。

東証一部上場(1973年)以降の当期利益の推移

HOYAは、東証一部上場以降、一度も赤字になったことがありません。

東証一部上場(1973年)以降の当期利益の推移
1962年 メガネレンズ製造開始
1972年 コンタクトレンズ製造開始
1973年 東証一部に上場
1974年 半導体用マスクサブストレート製造開始
1983年 半導体用フォトマスク製造開始
1986年 R&Dセンター竣工
1987年 眼内レンズ製造開始、
ガラスモールドレンズ製造開始
1991年 HDD用ガラスディスク発売
1995年 社外取締役制度を導入
1997年 欧州・北米・アジア地域本社体制が整う
2003年 委員会設置会社へ移行、
取締役会の過半数を社外取締役で構成
2008年 ペンタックス株式会社と合併
2009年 クリスタルガラス事業終了
2010年 HDD用ガラスディスクのメディア(膜付け)事業を売却
2011年 PENTAXデジタルカメラ事業を売却
2013年 セイコーエプソン株式会社のメガネレンズ開発製造事業を譲り受け
2014年 セイコーオプティカルプロダクツ株式会社(メガネ関連商品の販売)を連結対象に
2017年 Performance Optics, LLC.(メガネレンズの製造販売)を買収

※2011年3月期より、従来の日本基準に替えて、国際会計基準(IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しています。

成長のドライバーは『ライフケア事業』

HOYAは2010年度以降、ライフケア分野に成長の軸をシフトさせてきました。今後もライフケア分野の成長により会社全体の成長を図って行きます。開拓が進んでいない地域や顧客セグメントのカバレッジを拡大することで「ライフケア分野」の成長をより力強いものにしていきます。

ポートフォリオの変遷(売上高構成比)

ポートフォリオの変遷(売上高構成比)
HOYAレポート2017
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑