株主価値

株主価値の最大化に向けて

主要経営指標と株主還元

ROE•EPSの推移

ROE•EPSの推移

一株当たり配当金

一株当たり配当金

自己株式の取得

自己株式の取得
IFRSの導入
会社の業績を計る「モノサシ」である会計基準として国際会計基準「IFRS」を2011年3月期から導入しています。この導入は日本で二番目でした。
これにより全世界の株主・投資家の皆様がHOYAをグローバルに同じモノサシで見られるようになりました。

SVAの導入

HOYAでは1998年から他社に先駆け、キャッシュ・フロー計算書を含む四半期ベースの情報開示を始めました。早くから資金効率を重視した経営を推進しており、ROEをさらに発展させたSVA(Shareholder’s Value Added:企業価値の増分)という指標を経営に取り入れています。SVAは、企業の保有する総資産を使ってどれだけ株主資本コストを上回る利益を上げることができたかを重視しています。

HOYAレポート2017
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑