トップメッセージ

代表執行役 最高経営責任者(CEO) 鈴木 洋

 株主・投資家の皆様におかれましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 HOYAグループでは、ポートフォリオ経営の考え方に基づき、光学製品で培った技術を軸として、ライフケア事業および情報・通信事業をグローバルに展開しています。
 当社は世界的な高齢化の進展、新興国での経済成長による医療へのアクセス機会の改善により、市場の拡大が見込まれているライフケア事業を成長エリアとして捉え、経営資源を集中的に投入しています。
 当事業においては事業体制の強化や、M&Aを通して新しい技術や顧客を獲得することにより、市場シェアを拡大させることで、各製品の成長を図っております。この方針のもと、2018年3月期において、米国のメガネレンズメーカーのM&Aを行い、当社が保有していなかった製品技術及び顧客網を獲得いたしました。また、眼内レンズ製品において、当社製品に対する旺盛な需要に応えるためにタイに工場を新設し、稼働を開始いたしました。
 情報・通信事業においては高い市場シェアを持つ製品が多いものの、最終製品市場の成熟化が見込まれております。一方で成長分野もあり、ここに注力することで事業全体として、安定化を図ってまいります。
 この方針のもと、2018年3月期において、データセンターのサーバーに使われるHDD用ガラスディスク基板の販売を開始いたしました。また、次世代の半導体製造技術であるEUV(Extreme Ultraviolet:極端紫外線)露光向けのマスクブランクス製品、監視カメラ向けのレンズ製品の売上収益を大きく伸ばすことができました。
以上の状況から2018年3月期において、全体として過去最高の売上収益を更新することができました。
 今後、ライフケア事業での買収企業とのシナジーの早期実現、新工場の貢献などにより利益の伴った成長の実現、情報通信事業での成長分野への注力により当社グループ全体の成長を図ってまいります。
 引き続き企業価値の向上を実現すべく、鋭意取り組んでまいりますので、株主・投資家の皆様におかれましては、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

代表執行役 最高経営責任者(CEO) 鈴木 洋

HOYAレポート2018
HOYA OUR VISION
ページトップへ ↑